東京の奥座敷・栃木県日光市の鬼怒川温泉

post details top
6月 17th, 2012
post details top

栃木県の日光市・鬼怒川の上流に位置するのが鬼怒川温泉。
東京の奥座敷とも呼ばれ、首都圏よりアクセスも良いので人気の温泉地です。
ホテルから老舗の温泉宿、民宿まで、様々な温泉宿がありますが、宿泊客ではなくてもバスタオルのレンタルもある日帰りの入浴や、食事を提供してくれる所も多いので、ドライブのついでに気軽に立ち寄る観光客も多いようです。

200年以上前の鬼怒川の西側で発見されたこの温泉は、明治時代に東側にも発見され、すべて合わせて鬼怒川温泉と呼ばれるようになったもの。

泉質は単純泉の弱アルカリ性なので肌には柔らかく、無色透明、無味無臭、火傷や神経痛、神経麻痺、リウマチ等に効果があることで知られています。
共同浴場「鬼怒川公園岩風呂」は露天風呂なので、四季の雄大な景観とともにのんびりと湯浴みを楽しむこともできます。

水の豊かな土地、鬼怒川ではラフティングやカヌー、鬼怒川ライン下り等も楽しむことができるので、家族連れや友達グループ等にも人気があります。

群馬県・榛名山の中腹で歴史のある伊香保

post details top
5月 17th, 2012
post details top

北関東の北部、群馬県にある榛名山の中腹、標高700mの高さにある伊香保温泉。
開湯は垂仁天皇の時代だとも、平安時代の僧侶・行基によるものだとも言われるほど歴史の古い温泉地です。
中心地には365段もある長い長い石段があり、その左右にホテルや老舗旅館、名物を商うお土産店や飲食店などが並び、湯治客や観光客で常に賑わっています。

この山の途中という傾斜地の地形を生かし温泉街とした独特の作りは、天正4年(1576)に始まったとのこと。
戦で負傷した兵の養生のために、武田氏により造られたそうです。

伊香保温泉の特徴はお湯の色が2種類あること。
茶褐色の「黄金の湯」と無色で透明な「白銀の湯」があり、刺激は少なく柔らかい肌触りのお湯で神経痛、関節通、冷え性、高血圧の他様々な病気の快復期や疲労回復の効果があります。
さらに体を芯から暖め血行を促進するので、子宝の湯としても知られています。

近くには榛名神社や、子宝の神・伊香保神社、水沢観音、紅葉の名所で知られる河鹿橋等観光スポットがたくさんあります。

北関東の群馬県にある人気の名湯

post details top
4月 17th, 2012
post details top

「草津よいとこ、一度はおいで~」の歌でも知られる群馬県にある草津温泉は、日本を代表する名温泉の一つです。
公共施設として管理されている大きな源泉が6つと、ホテルが所有する小さな源泉まで数多くの源泉があり、それぞれ「源泉かけながし」を堪能することができます。

そして、なんといっても草津の見どころといえば、温泉街の中心にある「湯畑」。
毎分4000リットルもの豊富な温泉がどんどん涌きいで、朝から晩まで常に真っ白な湯煙を巻き上げている様は圧巻です。
湯畑には沸き立ての源泉をためた足湯があり、数分間手足を浸けるだけも温浴効果を得られるそうなので、気軽に立ち寄る人で常に賑わっています。

草津の源泉は51度から94度とかなり高温で、殺菌力の高い酸性泉なのが特徴。
そのために、水で薄めることなく自然に心地の良い温度まで下げる「湯もみ」が生まれました。

着物に赤い前掛けをした女性達が、草津節を歌いながら大きな木の板で源泉をかきまぜる、この湯もみは一見の価値ありです。
ホテルや旅館の温泉を楽しむのもよし、町にある共同浴場で湯治場の雰囲気を味わうのもよし。
湯上がりには浴衣を着て、そぞろ歩きをしながら、ほかほかの名物温泉まんじゅうを食べ歩いたり、お土産を買ったりする楽しみもあります。

北海道では知名度・内容共に一番人気の登別

post details top
3月 17th, 2012
post details top

江戸時代の安政5年に開湯したという、古い歴史のある北海道の登別温泉。
地元の道民はもちろん、他県からの観光客も訪れる人気の観光地で、函館や札幌からもアクセスが良いので、ここで1~2泊する予定を立てる人も多い温泉です。

この登別温泉の特徴は、食塩泉・硫黄泉・重層泉・酸性泉他、11種類もの泉質を有していること。
そして最大の源泉エリアである地獄谷には15ほどの源泉の穴があり、毎分3000リットル、1日で約1万トンもの豊かな湯を沸き出すことでも知られています。

これだけ種類があり湯量も豊富な温泉地は世界的にも珍しいとされ、「温泉のデパート」とも呼ばれています。
そのため、宿によっても色々と温泉の特徴が違うので、また違う季節に今度は違う宿に訪れよう…というリピーターも多いようです。

登別温泉街のメインストリートは「極楽通り」と呼ばれ、レトロで懐かしさのある情緒が漂っているところ。
軒を連ねるお土産店や、飲食店は、駄の音をカラコロと響かせる宿の浴衣を来た観光客で常に、賑わいを見せています。

身も心も癒される日本全国人気名泉地ガイド

post details top
2月 17th, 2012
post details top

老若男女すべてに共通し、また四季を通じて人気のある観光地と言えば、北から南まで数多く点在する「温泉」と言っても過言ではありません。
家族、カップル、友人同士、お年寄りのグループ等、誰が行っても心の底から寛ぐことができ、健康にも美容にも良い効果が期待できるので人気が高いのですが、連泊でも日帰りでも楽しむことができ、心身ともに溜まった日常の垢をきれいさっぱり落とすことができるのも人気の秘訣でしょう。

日本にはたくさんの人気温泉地があり、ランキングの常連となっている所も多いのですが、それらには共通する事柄があります。
まず、露天風呂や眺望風呂などのお風呂の種類が充実していること。

そして食事内容が充実していること。
さらに四季折々の自然を楽しめること。
この条件がきちんと満たされていれば、どこの温泉でも楽しく過ごすことができます。

そんな日本中に点在している魅力的な人気のある温泉を北は北海道から南は九州まで、ご紹介しましょう。

最近のコメント

    カテゴリー